Pokemon GOがついに日本上陸

キーボード

7月22日の午前10時についに日本でも任天堂の「Pokemon Go」が公開されました。

Pokemon Goは今までのポケモンとは違い、スマートフォン向けの位置情報ゲームです。Google Playからインストールすることができるようになっています。

アメリカやオーストラリア、ニュージーランドでは先行して公開されていましたが、すでに全世界で140万件もダウンロードされており注目を集めています。日本の会社のゲームなのに、なぜ日本より先に海外で公開されているのかは明らかになっていませんが、日本でのユーザー対策や広報展開の調整があったとも言われています。

Twitterなどでは早くもPokemon GOの話題で持ちきりとなっており、7月22日の午後6時頃にはユーザー数の予想外の増加にサーバーが耐えきれず、ログインができなくなってしまう事態に。開発側もここまで一気に人気を集めるとは想定していなかったのでしょう。

すでに社会現象を巻き起こしているPokemon Goですが、今後は歩きスマホや不法侵入などユーザーのモラルが問われることになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です